FC2ブログ

君ヶ浜ベイビーズ成長日記

雨の君ヶ浜で保護された里親様募集中の子犬達の成長日記です。 お問合せは http://puppy.inukubou.com/か、リンクの「銚子電鉄の旅」からお願い致します。

2018-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それぞれの旅立ち

4/1です。
いよいよ、「メロン(大)」「バロン(中)」そして「小」ちゃんと里親さんのお見合いの日です。
朝から、子犬たちのグッズをリュックやらカバンやらに詰め込んでいきます。いや~。よくもこれだけ買ったものだと我ながら感心する位…どうしても押し込めない、往ぬように使っていたタオルやら、里親さんに子犬たちが買った濡れせんべいのうち、ハネダシはなくなく置いて行く事にしました。子犬たち用のトイレも奇麗に洗い、リュックサックへくくりつけました。すっかり片付いた所で子犬たちも察したのか、キュンキュン「お腹空いたよ!」とおねだりが始まりました。
あぁ~。ごめ~ん。哺乳瓶なんかも全部詰め込んじゃったよと
コンビニまで、急遽ミルクを買いに行く事に。
いつも哺乳瓶でのんでいたミルクをミルクパンで飲んでくれるか心配でしたが、少しですが飲んでくれて安心しました。
すると、子犬たちがオイラの周りで「遊ぼうよ!」とじゃれついてきます。いままで、こんなことなかったのに。。。
時間ギリギリまで、子犬たちと遊び、遊び足りないながらも大人しく、キャリーバックに入ってくれたベイビーズ。お利口さんになったねぇ。ただ、なれていないミルクパンでは、そんなにミルクも飲んでいません。駅近くにあるペットショップで、哺乳瓶とミルクを買い足し、公園でミルクを飲ませてあげました。
今日も子犬達には、バックでの移動が辛い陽気。バイク屋さんまで大人しくしてくれているか心配でしたが、ベイビーズもよく頑張りました。
彼らには暑すぎる中、綾瀬まで大人しくしてくれていました。
さすがにたまりかねて「メロン」が鳴き出します。
綾瀬で、電車を待つ少しの間だけ、バックから出してあげましたが
これで持つ訳もない。あ~。なんか冷やすものでも入れてきてあげれば良かったよ。ごめんね。子犬達。
亀有の駅からは、タクシーで、バイク屋へ向かいました。途中窓を開けバックに風を送り込むと、幾分涼しくなったのか鳴きやんでくれました。最後まで辛い思いをさせてごめんよぅ!
待ち合わせ時間ちょうどに、バイク屋さんに到着すると、「メロン」と「バロン」の里親さんとお友達の方が待っていました。
子犬達をバックからだしてやると、いや周りから人が集まり始めましたよ。( ̄▽ ̄;)タラッ・・・
この子達のかわいさときたら...みんなにすぐ注目されちゃうんだからぁ!
木曜にあったときより、みんな大きくなってると、里親さん達もビックリです。これから、もっと大きくなりますからね。
愛情注いでくれた分だけ、かわいくなって行きますから...
子犬達は、移動で疲れたのか、ひとしきり遊び、オシッコもしたりで落ち着いたのか、バイク屋さんの床でスヤスヤおやすみです。
里親さん達にひとしきり説明をし、ワンコグッズを渡すと、すぐにお別れです。里親さんは近くにきたら、様子を見にきてくださいねと行ってくれましたが、子犬達が里心ついちゃうから、オイラは顔を見せられないよ。。。orz
「小」のみを残し、自動車で新たな家族と一緒に旅立って行く「メロン」と「バロン」。車の中で、「メロン」の鳴き声が聞こえてきます。幸せになるんだよ。サヨナラ(´・ω・`)
「メロン」と「バロン」を送り出すと、今度は「小」ちゃんの里親候補の方がやってきました。「小」ちゃんは、大人しく新しいお母さんに抱かれています。こちらも、大事に育てていただけるみたい。。。しあわせになってね。

あっけなく...「君ケ浜ベイビーズ」とお別れできました。
これくらいの方がいいよね。

みんなの幸せを、新しいお父さん,お母さん、家族との生活が楽しいものになるように祈っています。

帰りは、なんかどっとつかれちゃった。(´・ω・`)
軽くなったリュックサックが肩に食い込みます。行きにはキャリーバックで塞がれていた右手が、妙に手持ち無沙汰です。たったの3週間だったけど、楽しい生活をさせてもらえたよ。ワンコたち。
ありがとう。

みんな良い家族に恵まれ、これから幸せになってくれる事でしょう。そして、一緒に暮らすご家族の方を幸せにしてくれる事でしょう。

「小」ちゃんの里親さんが、ちょっと離れてると効いていたので、心配していたのですが、バイク屋さんからも近い神社の方で、「メロン」や「バロン」ともそうはなれていない事をしりました。
なんか、子犬の足でも散歩圏内みたい!(゜∀゜;)
これからも、兄弟は、近くで暮らして行けるんダ!少し安心しました。


大荒れの君ケ浜で、ずぶ濡れになりながら鳴いていた子犬達。
生後間もなく、母親から引き離され狭い箱に閉じ込められて
兄弟3頭で、凍えていた子犬達。
生きたいと叫び続けてがんばった3頭は、こうして幸せな暮らしに
巣立って行きました。
兄弟離ればなれになるには、まだ速すぎるけど、強運の持ち主であるこの子達には、新しいやさしい家族の方ができました。


今日で「君ケ浜ベイビーズの成長日記」は終わります。
元々最後まで、成長日記は続かない里親探しの日記です。
子犬達のために協力してくれた皆さん。子犬達のために協力を申し出てくれた皆さん。里親を申し出たけれど、ダメだった皆さん。そして、この子達を見守ってくれた多くの皆さん。
子犬達に成り代わりまして、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。


まぁ、一応なんだなぁ。(´_`)
「小」ちゃんの名前まだ決まってないし。。。
スポンサーサイト

コメント

涙で画面がぼやけます
溢れんばかりの愛情が伝わって来ます

この子たち最大の幸運は、あなたに保護されたことです。
俺は心配で心配で。
こんなハッピィな結末になるなんて。奇跡だよ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kimigahama.blog97.fc2.com/tb.php/50-c211c642
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

minatomirai

Author:minatomirai
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。